透明封筒に印刷をしよう|印刷を依頼する際のポイントを確認!【同人や透明封筒を作る】

透明封筒の魅力とは?印刷方法などもチェックしていこう

透明封筒に印刷をしよう

婦人

オリジナル性を出したい

見た目が透明なのが特徴となっている透明封筒ですが、そのまま使用すると面白味が無い…と思うこともあるでしょう。そんな場合は透明封筒に印刷を施すのがおすすめとなっています。オリジナルの印刷をすることで、より注目されること間違いなしです。透明封筒には「グラビア印刷」と「オフセット印刷」があるので、チェックしていくと良いですよ。

グラビア印刷とオフセット印刷

透明封筒に印刷をしたい場合は、グラビア印刷かオフセット印刷のどちらかを選択していくことです。グラビア印刷では単色~フルカラーと幅広く取り扱っており、透明封筒に直接印刷していく方法となっています。一方でオフセット印刷とは決められたサイズの片面に印刷を施していく方法です。印刷したい透明封筒のイメージを明確にして、適した印刷方法を選んでいきましょう。

ここでOPP袋とCPP袋の違いを把握していこう!

OPP袋

透明封筒の素材は主に「OPP袋」と「CPP袋」の2種類を使用しています。OPP袋とは透明度が高くてパリッとした触り心地が特徴の袋です。高級感があるので、ダイレクトメールによく使用されているでしょう。なお、破れやすい性質を持っているので注意が必要です。

CPP袋

CPP袋は丈夫な素材をしており、触り心地も滑らかなのが特徴でしょう。引っ張ると伸びる性質を持っており、多少のことでは破くことは出来ません。この性質を活かして、CPP袋はカタログなど重みのある包装袋に使用されることが多いです。

透明封筒を利用する3つのメリット

開封率が高い

ダイレクトメールを透明封筒に中に入れて渡すと、開封率が大幅に上がるということが分かっています。また、透明封筒に直接印刷をすることでダイレクトメールを受け取った人の注目を集めるので、より開封率がアップするでしょう。

汚れや水を防げる

透明封筒を使用することで、汚れや水からダイレクトメールなどを防げるというメリットも持っています。ダイレクトメールやカタログなどをそのまま発送してしまうと、汚れや傷がつく恐れがあります。そこで透明封筒で中身を守っていくと良いですよ。

コスト削減に繋がる

実は透明封筒を使用することでコスト削減をすることが出来るメリットも持っています。郵送の場合、軽い素材である透明封筒を使用すると郵送料を安く抑えることが出来ますよ。紙の封筒をより透明封筒の方が得られるメリットが多いので、ぜひ使用してみると良いでしょう。